Leika(Aust)Pty.Ltd. Homepage

LEIKA AUSTRALIA
Investor Retirement Visa
Subclass 405 Temporary
退職者投資ビザ- サブクラス405 一時滞在

コピーライト
本ページに記載の内容の無断転載を禁じます。
著作権はレイカ.オーストラリアに帰属します。
                 Copyright (c) Leika(Aust)Pty.Ltd.  1997 - 2011 All Rights reserved.
    Reproduction or republication of all pages content without written permission is strictly prohibited.
This page is protected by Australia and International copyright laws.

2005年7月1日よりRetirement Visa(Subclass 410)が廃止され、Investor Retirement Visa - Subclass 405 Temporary(退職者投資ビザ サブクラス405一時滞在)となりました。

このビザは一時滞在用の居住ビザで永住権や市民権に繋がるものではありません。更新可能で、当初4年間のビザが発行され、次期更新時には更に4年のビザが発給されます。更新時には、必要な資金、健康規準な どの条件をクリアしなければなりません。ビザ申請は、DIMIAパース(Perth Business Centre)が管轄します。

申請者は、55歳又はそれ以上で配偶者を除く扶養家族がいない健康な者に限られます。申請人が55歳以上であれば、その配偶者は55歳以上であることは 要求されません。
居住、生計に必要な充分な資金を携えていることが必要です。当該ビザは、メディケアの対象外ですので、滞在期間中は民間医療保険に加入していなければならず、社会福祉の非対象でもあります。

居住申請をしようとする州政府のスポンサーシップ承認を得ることが第一ステップです。投資資金は、スポンサーとなる州のState or Territory goverment treasury corporation(州・準州政府金融公庫)に預託されねばなりません。

(注) NSW州は当該スポンサーシップ制度に参画しておらず、ACT Treasuryは現在指定投資の手配を実行していません。
 

当該ビザでの就労は、フルタイム就労の意思がないことが前提で、週20時間が限度で、ビザ保養機関満了時まで許可されます。
 

居住地区は、NSW州を除外する一般州内と、Regional Australia/low population growth residential area (地方都市/低人口成長都市)から選択可能です。
居住地区により、当該ビザの審査に採用される、保有資産、年収、投資金額が異なります。
 
 
 
                                                          資産・年収・投資資金の要件
State or Territory of Australia
一般州・準州都市
Regional/low growth area of Australia
地方都市/低人口成長都市
保有資産額(豪へ要移管)
A$750,000
A$500,000
年収額(年金等
A$65,000
A$50,000
投資資金額
A$750,000
A$500,000

(注) 上記資金は、ビザ申請前に2年間は合法的に継続保有していなければならない。
 
 

旧退職者ビザ(Subclass 410)

2004年1月1日より、資金改正。
この資金改定は、す でのSubclass 410visaを保持している方は、ビザ申請時に課された資金額が更新時に適用され、改正の影響は受けません。
以下のいづれの選択となります。

 87万ドル(従来65万ドル)をオーストラリアへ資金移管 する又は
 80万ドル(従来60万ドル <オーストラリアに永住している子 供の扶養義務がない場合>をオーストラリアへ資金移管する又は
 35万ドルプラス他の年間収入5万2千ドル(従来20万ドルプラ ス他の年間収入4万5千ドル)の資金移管又は
 31万5千ドルプラス他の年間収入5万ドル(従来18万ドルプラ ス他の年間収入4万2千ドル)<オーストラリアに永住している子供の扶養義務がない場合>の資金移管
 
 

当該Subclass 410は、2005年6月30日で廃止されましたが、既存のビザ保持者は、2005年12月1日より、4年間の更新が可能となりました



レイカはあなたにかわって申請の代行を致します

標記、退職者ビザについての適格要件などのご相談、ご依頼は電 子メール相談サービス(有料)をご利用下さい。


This page is protected by Australia and International copyright laws.